野菜で塩分コントロール

むくみ対策に効果的!?

年末年始の食べ過ぎで正月太り…とはよく聞く話ですが、きっと食べた量に比例して塩分も多く摂ったのではないでしょうか。1~2kgの体重増加であれば摂り過ぎによるむくみである場合も多いのです。

体内に入った塩分が適量を超えると細胞が水分を溜め込みます。これがむくみの原因です。私達の身近にある野菜にも排出をスムーズにするものが沢山あります。

野菜を多く摂取する事で、むくみを解消して更に体調もよくなりダイエットまで出来たらこんなに嬉しい事はありません。

どんな野菜を選べばいいか

余分な塩分を体外へ排出させる栄養素はカリウムです。カリウム含有量が多く野菜として切干し大根とパセリがありますが、毎日となるとちょっと難しいかもしれません。

もっと身近なものですと、ほうれん草、ジャガ芋、ニンニク、ブロッコリーなどがあります。 カリウムは加熱すると溶け出してしまう性質があるので、スープなどにすれば余すところなく摂取することができます。

サラダの定番であるトマトやセロリ、サラダ菜にも含まれていますので排出には効果的です。

ご存知の通り、野菜には多くのビタミン、ミネラルも含まれていますので日々の食生活に出来るだけ多く取り入れたいものです。