コーヒーがむくみの原因!?

カフェインとカリウムとの関係

塩分の多い食事を続けていると体に水分が溜まりむくみの原因となる事は有名です。 体内の塩分を排出したい時は水分を多めに摂ると良いのですが、何を選ぶかで結果が大きく異なります。

一日何杯もコーヒーを飲んでいるので水分摂取は大丈夫!と思っている方も多いと思います。しかし実はコーヒーのようにカフェインを多く含む飲み物には注意が必要です。

カフェインは体内に入ると、カリウムやビタミン、ミネラルなどの吸収を抑える働きをします。塩分排出の役目を果たすカリウムがカフェインによって吸収阻害され、結果的にカリウム不足となってしまうのです。

どんな飲み物がよいか

多く摂りすぎた塩分をスムーズに体外に排出させる為には、やはりカリウムを多く含んだものを摂取することが一番です。

海藻にも多く含まれていることから昆布茶がおすすめです。 毎日昆布茶はちょっと…という方には抹茶やココア、日本茶も同等の効果が期待できます。コーヒーにココアを混ぜてカフェモカ風にしたり、いつものコーヒータイムを、抹茶スイーツと日本茶に変えてみるのもよいでしょう。

食事のお供には無塩のトマトジュースもおすすめです。仕事や食事の合間にコーヒーで一息つく方も多いかと思いますが、体の為に適量を美味しく頂きたいものです。